看護師の休日

看護師の勤務形態は、2交代制と3交代制になります。2交代制は1日を単純に2つに分けて12時間とする病院もありますが、忙しい日勤を8時間として、残りの16時間を夜勤としているところもあります。3交代制は1日を8時間毎に分けて、8時から16時、16時から0時、0時から8時としています。3交代制をとっている病院は全体の7割ほどありますが、2交代制のほうが休日が多くなるのでそちらを希望する看護師は増えてきています。看護師の休日は4週8休と決まっていますが、それでもシフト制で日勤、夜勤があるので不定期です。当然ながら病院に勤めていれば土日など関係ありません。ですので、休日といっても土日が休みの仕事をしている人とは休みが合わないので、友達と遊ぶなどが出来ず寂しい思いをしている人もいます。また、家庭を持てば子どもの休みも土日になるので、それと合わずに苦労する人もいます。有給はとることが出来ますが、緊急の場合は出勤せざるを得ない場合もあるので、看護師の仕事はその業務内容もそうですが、休むのも一苦労です。また、新人の頃は休日に勉強会があったり、誰かが急に休むようなことがあれば人数合わせで出勤しなくてはならないこともあり、大変です。しかし、2年目、3年目と落ち着いてくると、長期の有給をとって旅行に行くなど、休日を使って上手くリフレッシュする人も多くなります。最初のうちは疲れて体を休めるための休日になってしまいがちですが、自分の趣味や好きなことをするために休日を使うことが出来れば、また仕事も充実していくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です