保健室は看護師の方が有効

学校の保健室にいる先生は養護教諭です。他の教科の先生と同じで教員免状を取得している人です。養護教諭になるには、一種免許状を取得する事で受験資格が得られ、自治体の教育委員会の採用試験に合格しています。私立学校の採用試験に合格している人もいます。学校看護師から変わった歴史があります。
養護教諭は、小学校と中学校、高等学校に勤務します。
学校看護師は、主な仕事には、職員や学生の健康診断、健康管理、健康指導、健康相談、急病、怪我の応急処置とその後のサポートがあります。対象者が子供ですので、その点の向き、不向きはあります。将来ある子供たちと日々接していきたいと考えている人には適した職場です。
学校看護師は、高度な医療とは離れるのですが、将来のある子供たちに精神看護をする場としては、やり甲斐のある仕事といえます。
学校保健室の勤務は、就業時間が一定ですので、医療機関でのシフト制に比べて、夜勤がなく、土日祝日の出勤もないので、子育て中や介護中の人には最適な仕事です。ですので中途退職も少なく、途中求人も少ないので、狭き門になっています。夜間勤務がない分収入は低くなります。
保健室は、看護師のみでなく保健師も該当しています。昨今は、心の悩みを抱えている人が増えているので、その場合には看護師が求められます。そのほかに、大学生の一気飲みによる急性アルコール中毒やインフルエンザの集団感染の予防には、看護師が必要になります。
学校の他に、企業内の保健室(医務室)があります。社員の福利厚生のための生活習慣病の予防や、中高年の健康管理、女性社員の健康フォローなどを担当します。企業によっては、産業医の診察介助、検診後のフォロー、健康相談、メンタルヘルスの対応、産業医のスケジュール管理、調整などもあります。企業の保健室(医務室)は、会社の就業規則にのっとった就業ですので、土曜日、日曜日、祝祭日が休みで、夏期休暇や年末年始休暇もありますし、残業は少なく、夜勤はありません。その分病院勤務とは収入面で低くなりまし、臨床に比べると、物足りなさやキャリアアップの点では難しいところがあります。
他には、幼稚園や保育園などにも保健室があります。
これらの求人は、一般公開されることは少ないので、看護師支援サイトなどに数件登録しておいて、非公開求人を紹介してもらうことをお奨めします。サイトのコンサルタントが豊富な経験を基に、たくさんのアドバイスをしてくれますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です